「歯科医師の視点からみる医療問題とは」(上田裕康 院長)

———————————————————-

【放送日】2017年10月8日(日)

【企業名】桜桃歯科

【ゲスト】上田裕康 院長

———————————————————-

23回目のゲストは、桜桃歯科の院長、上田裕康さんです。

各務原市に医院を構え、一般歯科や矯正歯科、入れ歯治療、インプラント、審美歯科などの専門治療を行っています。
現在、歯科医院は、コンビニ店舗より多く存在すると言われています。

そんな事情からか、患者さんからは「どこの歯医者が良いのかわからない」という声が多くありました。
上田さんは、そんな悩みを解決するため、信頼ができ、同じ思いを持った歯科医師を集め、
“ Twinkle Dental Group ” を発足しました。

日本経済の不調の最大要因は、医療費にあると考える上田さんは、高齢者の健康寿命と平均寿命の差を減らすことが今後の課題だと言います。

そのために、歯をたくさん残すことが大切だそうです。
自分で噛めること、噛めることによって外交的になるといいます。

歯科医師の視点から医療問題から日本経済の問題まで、上田さんに語っていただきました。