「皆に受ける酒より、個性ある酒で特定のファンを作りたい」(山田明洋 社長)

———————————————————

【放送日】2017年5月7日(日)

【企業名】 山忠本家酒造株式会社

【ゲスト】山田明洋 社長

———————————————————

最初のゲストは、山忠本家酒造株式会社の山田明洋社長です。
日本酒ファンの中でも知る人ぞ知る銘酒「義侠」。

兵庫県産特A地区の山田錦を使用した日本酒は芯のある味わいとふくよかな旨みで人気を集めています。
山田社長の転換期は、大手の酒造メーカーの下請けを脱却し、自身のブランド「義侠」の名を冠した高級酒作りにありました。
当初はあまり売れず、大苦戦。
売れ残った酒はそのまま冷蔵庫に貯蔵されていました。

しかし、ある時、7~8年貯蔵しておいた日本酒を飲んでみると、コクが出て旨くなっていることを発見。

それが今の義侠の主要製造法である「熟成酒」となったのです。
「皆に受ける酒より、個性ある酒で特定のファンを作りたい」と山田社長は言います。
今回は、 パーソナリティーの福田知鶴と「義侠」を飲みながら、山田社長の酒作りの哲学を熱く語っていただきました。